プロフィール

オリウス

Author:オリウス
ドラゴンをこよなく愛する管理人のブログです!いつか現実世界で飼いたいのですが、今は仮想世界で我慢中。不定期更新。

コメント、ゲーム内での絡み等お待ちしております(*´ー`)
雑談、カオス、面白いこと、イベント好き。

主に『DragonsProphet(ドラプロ)』の日記でしたが2015年10月30日のサーバークローズに伴い、ドラプロの日記は10月30日の記事で最後となります。

また面白いドラゴン関係のゲームがあったら紹介していく予定。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

ドラゴン写真集

BGM

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツファーム

ICARUS

CCopyright WEMADEIO Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright NHN hangame Corp.

頑張れレーヴェ君!第五話

2015.01.17 23:35|腹いせシリーズ
こんばんは、オリウスです(*´ー`)

腹いせ企画第五弾!まだレーヴェ君は続いてました!
今回ドラゴン要素がまた少ないのですが・・・

また人間に変身できたはいいものの、服を盗んだ疑いで捕まってしまったレーヴェ君。
オリウスの元へ帰ることはできるのか!?

ではどうぞ・・・!

――――――――――――――――――――――――

捕まってもうどのくらいになるだろう・・・。

前回はおとなしく待っていたらすぐに出してもらえたのだが、今回はなかなか出してもらうことが出来ない。
ただオリウスに会いに行きたいだけなのに・・・。

そんなことを考えながらレーヴェはいつもと変わらない鉄格子の外の風景を眺めた。

そんなとき、遠くからの女性の話声が聞こえてきた。

何だって・・・!?

「ねえねえ聞いた?このあいだこの村で色々クエストこなしてくれたオリウスさんが、珍しい白いドラゴン達を新しく仲間にしたらしいわよ!あなたもそうだけどオーセラ人はドラゴンを仲間にできていいわねえ。」


オリウス・・・?

珍しい白いドラゴン達・・・?

新しい・・・仲間?

ということはもう、一緒に冒険することは・・・できない?

今までおとなしくしていたレーヴェはいてもたってもいられなくなって、跳んだ。

うそだといってくれえええ

人間離れした跳躍力で鉄格子を飛び越える。
看守が突然の出来事に目を見張った。

まって・・・あれ?

慌てて外に出るが、すでにそこには女性たちの姿はなかった。
どちらの方角にいったかは大体見当がついている・・・が。

逃げねば・・・!

またたくまに罪人が逃亡したと村全体が一時騒がしくなる。これでは話していた女性を探すどころではない。
オリウスの元に戻っても、もう一緒に冒険することは出来ないかもしれないという複雑な思いを胸に、レーヴェはとにかく遠くを目指して走り続けた―――――――


数時間後。


もう大丈夫・・・?

全速力でいくつもの山や村を越えてきた。さすがに人間の足では追いつくことは出来ないだろう。
だが、レーヴェも体力的にだいぶ消耗していた。これではオリウスを探し当てる前に力尽きてしまう。
水を飲み、少し休息を取ることにする。

休息を取っていると、少し離れたところに人影を見た。

誰かいる・・・

思いきって近づいて行ってみると、向こうもこちらに気付いたのか近づいてきた。

まさか同類!?

よく見てみると何も着ていない!しかしそれを気にしている様子もない!
まさか自分と同じように人間に変身したばかりのドラゴンで服というものを知らないのではないか。

そう思い、レーヴェはドラゴン語で目の前にいる男性に問いかける。

返事はない。

早く服を!

とりあえず自分の上着を脱いで相手に手渡す。
すると相手もすんなりと受けとった。

ん?着ないの?

何も話さない男性。そして上着を手に持ったまま着ようとはしない。
何かを察したかのように2,3回満足げに頷くと・・・

ダッシュ!

突如走り出した。

レーヴェについてこいと言った風な合図を出し、ただ走る。
意味が全く分からなかったが、服を持っていかれてしまった以上ついていくしかない。

彼が人間に捕まる前に止めなければ・・・!レーヴェは必死に追いかけるが予想以上に足が速い。

いったいどこまで・・・

男性を追ってしばらく走ると岩場だらけの高台にたどり着いた。

何が始まるんだ!?

すると突如、男性が持っていた服を下に置き何やら呪文のようなものを唱え始める。
彼の周りの空気がチリチリと熱を持ちはじめ、少し離れたレーヴェのところにもその熱さが伝わってきた。

熱気で前が見えなくなりそうになる寸前、彼が動いた。

突如踊りだした・・・続きは次回!

自らリズムをとり一心不乱に踊る男性。
その軽やかかつしなやかな動きにレーヴェは呆然と立ち尽くしながら見つめることしかできなかった。

この踊りには何か意味があるのだろうか?そしてこの男性はいったい誰なのだろうか?
次回その答えが明かされる――――――!(続く)

――――――――――――――――――――――――

はいw少し前にネタで引いたペットのクジが当たらなかったのとポテンクジが大量に当たらなかったことの腹いせとして書きました(*´ー`)

レーヴェ君!

今回は↑のイラストを描いてくださったロイットさんに撮影にご協力いただきました!色々カオスな出来に(
もりりさんからのリクエストがあったのでそれもネタにいただきまました(*´ー`)

SS撮影当初はロイットさんにも話してもらう予定だったのですが(一人称とか話し方まで詳しく話し合いで決めてた)、今回は話さないほうがなんとも面白い感じだったので一言も話さない方向で(笑)
次回、閉ざされた口を開きます・・・!(若干ネタバレ)

乞うご期待!

<おまけの壁ドン>

壁ドン:ロイットさんの場合

今流行りの壁ドンをネタでやってみることに(
口説き言葉は本人に考えてもらっています(笑)

反響があれば、次回からイケメンなこと言えそうな人に突如オファーが行くかもしれません( ・∀・)

テーマ:ドラゴンズプロフェット
ジャンル:ゲーム

コメント

壁っていうか…

岩ドン?
手が痛そう……w


そしてレーヴェ君の物語がカオスな展開に……
GIFは卑怯でしょwww

Re: 壁っていうか…

ギールさん>

オリウスです(*´ー`) コメントありがとうございます!

まあ、壁っぽければどこでもいいかなっていう適当さから岩ドンになってしまいました(

レーヴェ君、今回はカオス仕様です( ・∀・)なんでこんなにカオスになったか私にもわかりません(
いやここは絶対GIFを使うべき!
非公開コメント