プロフィール

オリウス

Author:オリウス
ドラゴンをこよなく愛する管理人のブログです!いつか現実世界で飼いたいのですが、今は仮想世界で我慢中。不定期更新。

コメント、ゲーム内での絡み等お待ちしております(*´ー`)
雑談、カオス、面白いこと、イベント好き。

主に『DragonsProphet(ドラプロ)』の日記でしたが2015年10月30日のサーバークローズに伴い、ドラプロの日記は10月30日の記事で最後となります。

また面白いドラゴン関係のゲームがあったら紹介していく予定。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

ドラゴン写真集

BGM

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツファーム

ICARUS

CCopyright WEMADEIO Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright WeMade Online Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright NHN hangame Corp.

頑張れレーヴェ君!第九話

2015.03.04 23:12|腹いせシリーズ
こんばんは、オリウスです(*´ー`)

腹いせ企画第九弾!前回1本にまとめようと思ったところの後半です!なのであまり進まないかんじで・・・
ちなみにまだ完結ではありません!(早く完結させたい←

人間に変身してしまったグレンとともに、元来た道を戻ることにしたレーヴェ。
しかしゴブリンの集団に囲まれ思うように進むことが出来ない。そんなとき2人の前に現れたのは、あの怪物だった・・・―――

ではどうぞ・・・!

――――――――――――――――――――――――

2人の前に突如現れた巨大な黒い影。
それはドラゴンを率いるオーセラ人ですら数十人単位でしか倒すことのできない、伝説の怪物の姿だった。

何故こんな怪物が突如現れたのかと疑問に思っている間もなく、グレンは怪物の下にいるものに気付く。

9話その1

人間の子供だ。

後ろの怪物に気付いていないのか、はたまた恐怖のせいで狂ってしまったのか、楽しそうに歌を歌い踊っている。
このままではすぐに踏みつぶされてしまうだろう。

9話その2

レーヴェも子供に気付きとっさに駆け出そうとするが・・・それをグレンが止めた。


長年の戦闘経験から相手との実力差は戦わずとも十分わかっている。
ここで真正面に飛び込んで行ったら子供もろとも踏みつぶされるかもしれない。

ましてや今は人間の姿。一撃でも攻撃をくらったらただでは済まないだろう。
子供を見捨てて全速力で逃げれば、自分たちの足ならばまだ逃げ切れるかもしれない。

グレンの言いたいことはレーヴェもよく分かっていた。

だが・・・

9話その3

誇り高きドラゴンの雄たるもの、危険が迫っている人間を目の前にして見殺しにすることなどできなかった。

理性より先に身体が動く。そして一瞬で少女の横へ周りこんだ。

9話その4

優しく声をかけると、少女は突然現れた謎の男性を不思議そうに見つめ返した。
まるで危険な状況だと分かっていないかのように・・・

怪物の足が二人にゆっくり近づいていく。



そして―――――


9話その5

一瞬の出来事だった。

・・・何と言われたかは聞き取れなかった。

レーヴェは誰かに思い切り後ろから背中を押され、少女を抱え込む形で脇道に投げ出された。
少女は困惑しているようだが怪我はないようだ。



同時に聞こえたドンっという鈍い音。あれはいったい―――――



9話その6

グレンが地面に叩きつけられる瞬間を見た。

レーヴェは一瞬何が起こったか分からず、ただただその様子をみていた。
先ほど自分を止めたはずのグレンが何故あそこに倒れている・・・?
そして・・・自分は何故少女を抱え安全な道にいる・・・?




ようやく思考が追いつき、そして叫んだ。




少女に木の陰から出てこないように言い、今まで出したこともないようなスピードでグレンの元へ走る。
倒れているグレンのそばによると、その顔からは血の気が引いていた。

9話その7


・・・全部、自分のせいだ。


レーヴェは自分を責めた。


自分が正しかったことを証明したいがためにグレンをここに連れてきたのは自分。
そのせいでグレンまで人間に変身してしまった。

少女を助けようと無謀にも飛び込んだのも自分。
グレンはあのとき一度止めてくれた。その制止を振り切ってまで少女を助けようとしたから、今グレンはここに倒れている。

ここでグレンが死んだらオリウスに合わせる顔などない。
自分の身勝手で一番大切な人間まで傷つけてしまうかもしれない・・・そんな恐怖からレーヴェは脱力し、その場から動けなくなった。


周りの音などもう聞こえない。




聞こえるのはただ――――――



自分たちへ呼びかける声?





それは上の方から聞こえてきた。
人間の言葉で必死に何か叫んでいる。


しかも一人ではない。周囲をたくさんの人間が囲んでいる。
よくよく見てみると―――――

9話その8

それは伝説の化け物ではなく、それを模して造られた大きな大きな木製の像だった。

2人はその光景をただ、呆然と見上げることしかできなかった。

――――――――――――――――――――――――

はいwドラプロのモーションって優秀!って感じた今回でした( ・∀・)
モーションの組み合わせで色々なシチュエーション再現できるんですよねw面白いです!加工品の解像度が良くないのがちょっと残念ですが・・・(キャラクターのSSを撮るときは大きめに撮るのがいいですね)

次回でラストに持っていきたい!・・・と思っていますがどうなるのやらw
続きにご期待ください!

<おまけ>

何かがおかしいSS。

何かがおかしいSS

サンタ服が男性のもスカートっぽい → ごっつい脚はちょっと・・・ → 美脚だったら?

っていう悪ノリでこうなりました・・・

テーマ:ドラゴンズプロフェット
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント